危機意識はあるけど、先に進まない認可保育園

先日ある保育園を訪問した。

とにかく、経営陣の情熱が半端ではない。

情熱だけでなく、それがきちんと日々の実践に表れており、職員や保護者にも伝わっていて、高い評価を得ている。

彼ら、彼女らは強い危機意識をもっているのだ。

自分達の保育園は認可保育園ではないので、黙っていても子どもがやってくるわけではない。選ばれる保育園になるために、必死なのだ。

それに比べると認可保育園は、まだまだのんびりしている。

もちろん、それなりに危機意識はもっているのだが、そこから先が進まない。

なんとなく、このままではいけないとわかっていながら、何をすればよいのかわからず、結局過去の継続を繰り返しているだけなのだ。

5年後、10年後の認可保育園はどうなっているのだろうか?

同じく、待機者がたくさんいて入所者確保に苦労していない特養はどうなるだろうか?

想像もできない状況になっているような気がする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です