ICT化

介護施設や保育園等の福祉施設もICT化が進み始めた。

新設の保育園では、連絡帳もデジタル化し、ビジネスチャットを利用してコミュニケーションを図っている。特にビジネスチャットはシフトで動く福祉業界には必須のものだと思う。

将来的には、職員の声に反応して画面が切り替わって必要事項が自動的に入力され、手入力が必要なくなる時代にもなるだろう。

一方、それを管轄する行政の方は、やっていることも発想もまだ古い。

ある保育園の園長の話では、普段ペーパーレスでやっているのに、行政の指導監査の際、必要書類を全て印刷するように言われたらしい。

また、介護施設では、利用者の家族も高齢化しているので、家族とのコミュニケーションでZOOMを使うことは簡単ではない。

職員が高齢化しているところでは、職員自身がICT化に反対しているところもあるようだ。手書きに対するこだわりもあるようだ。

私も手書きは大好きだが、デジタルノートがもっと進化することを期待したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です