社会福祉法人も収益事業を

経営が苦しい社会福祉法人が増えている。

高齢化社会だからお客様がたくさんいて、稼働率も安定して経営が楽なのかと思いきや、そうではない。

社会福祉法人なら、もちろん補助金もあるが、人材採用にかなりのコストをかけており、人材が定着しているところでは、売上の上限が決まっているなかで人件費が売上を圧迫している。

規模が小さいところは、利用者が1人入院したり、退所するだけで売上に与えるインパクトも大きい。競合も増えている。

これからは、社会福祉法人ももっと収益事業に力を入れていくべきだと思う。本来の社会福祉と収益事業のバランスを保ちながら運営していかないと、経営はもっと苦しくなるかもしれない。株式会社や医療法人であれば、法人自体を売却する方法もあるが、社会福祉法人では、そうもいかない。安定している一方、経営に自由度がないのだ。

収益事業を立ち上げることができる、新しい人材が求められていると思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です