職員の名前の呼び方

最近、組織の中で肩書を付けて呼んだり、苗字で呼ぶことをやめるところもでてきた。

それぞれが自分が周りの人に呼んでほしいニックネームを付けているのだ。

それぞれ、法人の理事や園長、主任とか、部長、課長などはあるにはあるのだが、実際には、かんちゃん、ともちゃん、よっちゃんとかで呼び合っている。

今後、このような組織は増えていくだろう。

役割の違いはあっても、誰が上で誰が下ではない。従来あるようなピラミッド型ではなく、フラットな組織が増えると思う。

互いにちゃん付けで呼ぶことに抵抗のある人もいると思うが、これだけでもコミュニケーションは随分違ってくる。お互いがもっとオープンになり、言いにくいことも言うことができる。

そう考えると、従来のような呼び方は、相手との間に必要以上の距離を感じてしまう。

現場の職員だけでも、さん付けをやめてニックネームで呼んでみたらどうだろうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です