特養にケアプランは必要?

様々な介護施設のケアプランを見ていると、その必要性を疑いたくなってくる。

特に特養の場合、要介護度3以上で認知症もあれば、そもそも本人の意向を確認することも難しい。だから、過去のケアプランと現在のケアプランの内容がほとんど変わらない。

一方、ユニット型の特養では、24時間シートを活用し、本人ができることや希望すること、職員が支援するべき内容等が細かく記載されており、利用者別のマニュアルにもなっている。

いっそのこと、ケアプラン作成やケアマネ配置をやめてしまい、24時間シート作成でOKとしてしまうのはどうだろうか?

もちろん、ケアマネ本人や行政は反対だろうが、客観的に見ていると、一体誰のためにケアプランを作成しているのか分からない。

特養だけでも、そろそろケアプランの必要性を議論しても良いのではないだろうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です